プロ家庭教師 おすすめ会社と選び方

集団塾も個別指導塾でもいまいちだったので、プロの家庭教師を頼みたい!
しかし、どこに頼むとよいのだろうか?
そのような悩みをお持ちのお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか。

そこで、今回は講師の立場から見てプロ家庭教師 おすすめ派遣会社とおすすめポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プロ家庭教師 おすすめ派遣会社を選ぶポイント

プロの家庭教師をつけようと考えたということは、塾や大学生の家庭教師では満足できなかったというのが大きな理由の1つだと思います。

そうだとすると、多少お金はかかってもその会社がどれだけよい講師をつけてくれるのか、その講師がどれだけあなたのお子さんの面倒を見てくれるのかということがやはり一番重要なのではないでしょうか。

では、プロ家庭教師を派遣する会社はどのように講師を選んでいるのでしょうか。

プロ家庭教師を派遣する会社の講師の依頼方法

私は登録の際に10社以上登録しましたが、家庭教師の派遣会社には大きく分けて

1 登録の時にしっかりと講師の情報提供を求める会社(面接や試験がある)
2 登録の時には概要だけの登録で、実際に依頼が来てから講師の側に講師の情報提供を求める会社(面接や試験がない)

の2つがあります。

登録時に面接や試験がある会社の場合、依頼があった時点で講師の情報をしっかり把握していますから、お子さんにとってできるだけピッタリの講師を検討して、ピンポイントでその講師に依頼し、最初に依頼した講師に断られた場合に次の講師に依頼をするという方式をとることが多いです。ただ、面接や試験があるので、講師の登録数は後者のタイプよりは少なくなります。

私が登録した家庭教師の派遣会社だとメガスタ(一橋セイシン会)、四谷進学会などがこちらのタイプになります。

他方で、登録時に面接や試験がない会社の場合、当然ですが講師登録数は多くなります。他方で登録の段階で講師の詳細な情報を把握できていないので、実際に依頼をする時点で該当候補の講師を複数選定して依頼をかけ、返信があった講師(立候補した講師)から、お子さんにピッタリの講師を選ぶという方式をとることが多いです。私が登録したところだとトライとか学研、サクシード、ノーバスなどがこちらのタイプかと思います(実際にこちらのタイプの会社からは毎日のように「こういう生徒さんがいますが、担当可能な方は返信してください」という内容のBCC一斉メールが届きます)。

プロ家庭教師おすすめ派遣会社を選ぶポイント

ここからは私個人の意見になりますが、登録前に自己の情報を家庭教師派遣会社に伝えたくないし、依頼があった段階で自己の情報を伝えればよいと考えている家庭教師もいますから、登録時に面接や試験がない会社の方が、家庭教師の登録数は多いです。また、そうした会社は個別指導塾なども経営していることが多く、個別指導塾で指導をしている講師の中で優秀な講師が家庭教師として派遣される場合もあるかもしれません。必要に応じて、苦手科目だけ家庭教師、得意な科目は個別指導塾というようにすることもできるかと思います。

なので、初めて家庭教師を頼みたい、塾と家庭教師の併用を考えているというのであれば、家庭教師の登録数が多く、個別指導塾も経営している会社のほうがよいかもしれません。かかる金額もおそらくこちらのほうがリーズナブルだと思います。

他方で、塾や大学生の家庭教師では満足できなかったため、プロの家庭教師をつけたい、多少お金はかかっても講師がどれだけあなたのお子さんの面倒を見てくれるのかということを重視するのであれば、登録の際に実際に履歴書の提出(場合によっては卒業証明書の提出)が求められ、面接もある家庭教師派遣会社のほうがよりお子さんにピッタリのプロの家庭教師を選んでくれると思います。そういったところは教務担当がついており、教務担当がご家庭と面談をしたうえで、登録者の中からより適したプロ家庭教師を選びますので、そうした意味でも安心です。

プロ家庭教師 中高一貫校内部進学対策なら!

プロ家庭教師 中高一貫校内部進学対策ということなら、メガスタ(一橋セイシン会)が有名です。一橋セイシン会は、登録の際に実際に履歴書の提出(場合によっては卒業証明書の提出)が求められ、面接もあるので、そういった意味では安心です

中学受験は突破したけれど、学校の勉強が早すぎてついていけない
ニガテな科目がある
提出物などの課題が多すぎてたまに未提出の課題がある

などといったお子さんをお持ちの方にはピッタリです。

実際に私も何人か紹介され、半年たたないくらいで
・数学が25点だったのを70点に(中1男子 M中学)
・英語が40点だったのを60点に(高1女子 S高校)
・英語が40点だったのを70点に(中2女子 T中学)
・社会が40点だったのを60点に(中1男子 S中学)

点数を上げることができ、本人やご両親にも非常に喜んでいただきました。

また、学校で配布される学習プリントの内容、宿題、小テストの確認、その他課題について提出日までに仕上げさせることなども行っています(中高一貫校は配布物や課題が多いので、入学したばかりだと整理しきれない生徒さんも少なくありません)。

スポンサーリンク

さらに数学など内容をただ教えただけでは本人が試験で点数を取ることができない科目もあるので、実際に問題を解かせることはもちろんその日のうちに定着させ、次回確認(前回やったことを忘れていてできない場合は再度やらせる)するところまでやります。

私はあくまで一例ですが、中高一貫校に通うお子さんの状況にあわせて、コンサルタント的な役割も担っているプロ家庭教師が多いのがメガスタ(一橋セイシン会)の特徴といえます。

ただ、体験授業がないので、家庭教師の講師が確定する前に教務の方とお子さんのタイプや得意科目、苦手科目、学校の特色などをしっかりと話しておく必要があります。とはいえ、教務担当の方がそのあたりはしっかりとヒアリングをして講師に情報を伝えてくれますのでそれほど心配はないでしょう。

ちなみに私に紹介された生徒さんはほぼ例外なく理想の先生として「やさしい先生、押し付けない先生」、NGな先生として「声が大きい先生」「熱血すぎる先生」といった希望をあげられていました(笑)。

生徒のタイプやこれまででよかった先生のイメージ像、嫌だった先生のイメージ像を教務の方がヒアリングして、なるべく生徒さんと相性の良い講師を選んで打診をしているため、私には同じタイプの生徒さんが紹介されるのでしょう。講師に打診する段階で、しっかりと生徒さんの特徴まで把握して打診しているということの現れかと思います。

なお、最近はオンラインにも力を入れているので、塾に通う時間がない、近くに良い塾がない、家が散らかっていて家庭教師に来てもらうのが少し恥ずかしい(笑)などの事情がある場合には、メガスタに問い合わせてみるのもアリかと思います。

オンラインといっても通常の家庭教師と同じく専属の先生が画面上でお子さんの顔と手元(ノートやプリントなど)を見ながら指導してくれるので、実際に先生がご家庭に伺うのとあまり変わりはありません。

オンライン家庭教師について

プロ家庭教師 高校受験対策なら!

模試の成績が良い生徒なら家庭教師を頼む必要がそもそもないでしょうから、家庭教師を頼もうかなと考えているということは、学校の勉強と受験対策をしっかりとやってくれて、お子さんが入試で得点をとれる指導を期待されていると思います。

そのためには、わからないところを教えるだけでなく、入試に向けて勉強の優先順位をつけて、お子さんの理解度に合わせて今やるべきことをアドバイスしてくれるコンサルタント的な家庭教師が望ましいということになります。そうだとすると、四谷進学会がおすすめです。

四谷進学会の特徴は、体験授業をしたうえで、講師を選べるという点です。体験授業をしてくれる家庭教師センターはほかにもありますが、四谷進学会は講師の面接を社長が直接しており、その情報を教育コンサルタント(教務担当社員)に共有しています。その上で、生徒さんに適任の講師が選ばれ、その適任とされた講師の体験授業が受けられるという点が非常に良いところかと思います。

それに加えて、四谷進学会の場合は体験授業時に教育コンサルタント(教務担当社員)と講師が一緒に訪問し、講師が生徒さんの勉強を体験授業で見ている間に親御さんと教育コンサルタントの方がお話をします。

なので、
・体験授業を受けてみないとお子さんとの相性が不安
・教育コンサルタント(教務担当社員)と講師についての情報交換をしたい
・講師の力量を見て、回数や科目などを予定より増やすか決めたい(今通っている塾をやめて家庭教師一本にするかも相談したい)

という方は、四谷進学会がおすすめです。

こちらは体験授業があるので、
体験授業→お子さんに気に入っていただき、家庭教師として指導が確定
→指導開始日の調整を教育コンサルタント(教務担当社員)とご家庭でお話
→指導開始

という流れになります。

まとめ

まとめると、家庭教師の会社を選ぶポイントとしては、よりよい講師を紹介してもらえるかどうかが最大のポイントであり、よりよい講師を紹介できるためには

・登録の際に講師に履歴書等を提出させている
・登録の際に面接がある

ことが、お子さんとの相性という点でも重要だと思います。まずは、どのような講師がいるのか、その家庭教師センターがどの程度講師の情報を把握して紹介しているのかを1つの基準としてみてはいかがでしょうか。

その上で、中高一貫校に強いとか、体験授業があるとかなどの家庭教師派遣会社の特色を踏まえて検討するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする