都立高校入試における効率的な社会の対策とは!

都立高校入試の社会の対策ということで、今回は過去問をやる前にやっておいたほうがよいおすすめ問題集(知識補充編)や過去問の使い方をはじめとする効果的な勉強法を紹介します。

スポンサーリンク

知識補充編

社会は地理、歴史、公民とボリュームがかなりあります。

なので、過去問をいきなりやるのは不安だからその前に入試対策として知識を確認しようという大半の受験生にとっては、地理、歴史、公民それぞれについて問題集をやっている時間は正直ありません。

また、時間以前にそのような気力もないでしょう。

しかも、都立入試では地理や歴史、公民の融合問題も問われるので、できれば融合問題対策も含めて1冊で社会を復習したいところです。

そこで、おすすめなのが

「きちんとこれだけ公立高校 入試対策問題集 社会」です。

この本は

・単元ごとにポイントがカラフルに簡潔にまとめられており
・次のページで、その単元で実際に出た公立高校の問題や同レベルの問題を解く

という流れで、構成されているので、中学の社会を総復習するには最適です。


さらに目次を見ればわかるように融合問題ものっていますので、過去問を解く前にこの問題集で浅く広く知識を確認しておけば、自信をもって過去問演習に臨めることでしょう。

できなかった問題は、その場で覚えるつもりで復習しましょう。
解説を読んでもわからないところは教科書か参考書で確認しておくことが理想です。

スポンサーリンク

ただ、時期によってはそんな時間がない場合もあると思いますので、1通り問題を解いて解説を読んで復習したら過去問に取り掛かりましょう。

過去問の使い方編

都立入試対策としては、おそらくこれまでV模擬などの模試を受けていると思いますが、模試は過去問ほど練られていませんので、模試の復習は余裕がなければさらっと解説読むくらいでも大丈夫です。

ただ、過去問は最低3年分はやりましょう。できれば5年分やってください。

都立過去問集は複数の会社から出ていますが、個人的には必要十分な解説がある
声の教育社の過去問がおすすめです。

東京都立高校(2021年度用) 7年間スーパー過去問 (声教の高校過去問シリーズ…

ちなみに特に社会(特に公民)については(数学などと異なり)5年前の過去問を解いても、同じ内容の問題は出題されないので、あまり意味がない。それより、最新の内容が問われている模試のほうがよいのではないかという受験生が結構います。

それは過去問を知識補充の素材としてのみ考えているからですが、そのような使い方はもったいないです。

知識補充という意味からいえば、さきほどの「きちんとこれだけ公立高校 入試対策問題集 社会」をやればよいのです。

すなわち、過去問の使い方としては、

問題解いてわからない問題はとばしてあとで解説だけ読んでふーんと納得して知識を補充する

のではなく、

今ある知識で問題文をしっかりと読んで、わからない問題でも一生懸命考えて自分なりの答えを出してから解説を読む

というのが効果的です。

なぜかというと都立の入試問題は覚えているかいないかを試す問題ではなく一定の知識があることを前提にその場で考えさせる問題が出題されるからです。

そして、このような考えさせる問題は、問題を読んで受験生にどのように考えさせるかについてある程度パターンが決まっています。そのパターンを見極めるのに過去問を使いましょう。

たしかに、このような傾向の問題は、解いているときは暗記に頼ることができないので不安かもしれません。

しかし、問題文をよく読めばヒント(あるいは答え)が書いてあり、そこを一生懸命探して適切な解答をすれば得点がもらえるのですから、ある意味おいしい問題ともいえます。

過去問を使って、問題文の読み方のコツをマスターしましょう!

まとめ

ということで、

・知識補充は「きちんとこれだけ公立高校 入試対策問題集 社会」をやる
・過去問は問題文の読み方を意識して解き、よく出題される考え方のパターンをつかむ
・模試の復習は余裕がなければさらっとでよい。

社会は分量が多いので、効率よく得点をとるように過去問を使って引き続き頑張っていきましょう!

その際には、知識補充のための勉強なのか問題文を読んで答えを出す訓練のための勉強なのかを意識しながら、学習を進めるとよいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする