中3 都立高校入試対策と勉強法 英語

高校入試

都立高校入試の英語の対策と勉強法ということですが、英語も数学と同じく、学校の定期テスト対策をやっているだけでは入試問題にたちうちできないところがあります。特に英語は制限時間内に解く訓練をしておかないと、勉強時間を増やしている割には、点数は上がらないという悪循環に陥る可能性が高い科目です。

そのため、通常の学習とは別に入試対策をしっかりとやっておく必要があります。

そこで、今回は過去問をやる前にやっておいたほうがよいおすすめ問題集や過去問の使い方をはじめとする都立高校入試対策のための効果的な勉強法を紹介します。

スポンサーリンク

基本知識習得編

まず、学校の定期テスト対策をやっておくだけでは点数が取れないといいましたが、学校の定期テスト対策をしっかりとやらなくていいということではありません。

特に新しい学習指導要領がスタートした今年の中学生においては、学校の定期テストも難しくなっており、英語の総合的な力を問うという点では都立入試と変わりはありません

範囲指定があるとはいえ、リスニング、英単語、英文法、長文読解、英作文対策をしっかりとやっておけば、都立入試対策にもなりますので、少なくとも定期テストの出題範囲については、しっかりと勉強しておきましょう。

1 普段から学校の定期テスト対策をしっかりとやる
(リスニング、英単語、文法、英作文、長文)

2 それに加えて都立入試対策をやる

ことが重要です。

学校の定期テスト対策は内申点アップにもつながり、合否の判断材料となる総合点(入試の得点+内申点)にも影響します。教科書ワークや中間期末の攻略本などでしっかりと定期テスト対策をやっておきましょう。

※教科書ワークや中間期末の攻略本は、学校の教科書に対応したものを使ってください。

中1、中2であまり勉強していなかった方は、中1、中2の範囲をやりなおすより、中学で学習する範囲が1通り出題される英検3級の勉強をするのが効果的です。

「英検3級をひとつひとつわかりやすく」で、中学校の範囲を一気に復習してしまいましょう。本を読んだだけでわからないところは動画も参考にして、できるようにしておきましょう。

英検3級は取得していると単願推薦でも内申点においてプラス評価されることが多いので、ついでに英検3級もとっておくとよりよいです。

【解説授業】英検3級をひとつひとつわかりやすく。新試験対応版 013級の重要名詞①

また、英単語については、長文問題を早く正確に読むための武器となりますので、

「高校入試 ターゲット 中学英単語 1800」などを使ってマスターしておきましょう。

スポンサーリンク

「高校入試 ターゲット 中学英単語 1800」は無料アプリがあり、アプリでクイズを解きながら、いつのまにか単語を覚えられるのでおススメです。

アプリだとできる単語が増えていくと犬が・・・というところもやる気が出ますね!

(中学生向け)高校入試ターゲット アプリ アンドロイド

(中学生向け)高校入試ターゲット iphone

問題演習編

都立入試では、リスニング、短めの英語長文+英作文、やや長めの英語長文が出題され、長文の中で文法問題も出題されます。

もっともその出題パターンは決まっているので、時間を図って過去問を解いて訓練する必要がありますが、出題パターン別に問題演習をしておくことで効率的な学習ができます。また、苦手分野対策にも役立つでしょう。

栄光ゼミナールの「高校入試対策問題集 合格への最短完成」

は出題パターン別に編集されているので、過去問をやる前の問題演習としておすすめです。

できなかった問題は、その場で覚えるつもりで赤ペンで答えを書いて、問題と解説をもう一度読み、必要な知識は覚えましょう。

1通り問題を解いて解説を読んだら、過去問に取り掛かりましょう。

過去問演習編

最後に過去問演習です。

都立入試対策としては、これまでV模擬などの模試を受けていると思いますが、模試は過去問ほど練られていませんので、模試の復習は余裕がなければさらっと解説読むくらいでも大丈夫です。

過去問については、内容はわかるが時間が足りなくて全問解けなかったという受験生も多いので、最低でも直近2~3年分は時間を図ってやるようにしましょう。

都立過去問集は複数の会社から出ていますが、個人的には必要十分な解説がある
声の教育社の過去問がおすすめです。

過去問を時間を図って解き、解説を読み、なぜそうなるのか理解したうえで、できなかった問題について、できればその日のうちにもう一度解く

やり方で、できない問題を1つ1つ克服していきましょう。

なお、時間が足りなくて時間内に全問解けないという方は、英語に関しては、たいてい単語力不足が原因です。

単語の意味を把握するのに「この単語なんだっけ?」と思い出しながら問題を解いているから時間が足りないのであって、基本単語は秒で意味がすらすら出てくるまで繰り返しアウトプットしておけば、時間が足りなくなることはないと思います。

ということで、

・知識が足りなくて解けない、時間が足りない(=知識が不正確、単語力が弱い)
「高校入試 ターゲット 中学英単語 1800」
  「英検3級をひとつひとつわかりやすく」
・あるパターンの問題だけやたら間違える
「高校入試対策問題集 合格への最短完成」
などに戻って実力をつけていきましょう。

まとめ

・学校の定期テスト対策を教科書ワークなどでしっかりやる
・「英検3級をひとつひとつわかりやすく」で中学校の範囲を1通り復習
・「高校入試 ターゲット 中学英単語 1800」で、重要単語は
秒で意味がスラスラ出てくるようにしておく
・「高校入試対策問題集 合格への最短完成」でパターン別問題演習
・過去問を時間を図って解いて総仕上げ

というやり方で、英語の都立入試を攻略していきましょう!

英語の定期テスト対策については、下記も参考にしてみてください。

中3 内申点アップのための定期テスト対策と勉強法 英語

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました