中高一貫校中学生のための定期テスト対策と勉強法~中学社会

中学生 成績アップ

中高一貫校の中学生の定期テスト対策と勉強法の社会ということで、今回は中高一貫校の中学生を対象に社会の定期テスト対策の勉強法や問題集を紹介します。

中高一貫校の場合、生徒さんのレベルが高いことが多いので、まずは平均点以上をとるのが1つの目標になります。

そのため、ここでは平均点以上をとるということを最優先とし、その上で、それ以上の点数(80点以上目安)をとる方法についても紹介していきます。

なお、中高一貫校の場合、中学の2~3年間で「歴史」/「地理⇒公民」というように授業が進む学校が多いです。そこで、今回は、歴史、地理、公民それぞれについて紹介します。

スポンサーリンク

中高一貫校のテスト対策と勉強法~歴史

歴史については、人物や用語を意識しながら流れをつかむことが重要です。

学校の授業の予習復習時に改訂版 中学歴史が面白いほどわかる本」を読んで理解を深めておきましょう。

といっても、実際のところ、歴史については、おそらく学校の授業をきちんと受けていればいい方で、テスト期間になってから「さてどうしよう・・・」というお子さんがほとんどでしょう。

実際に私が面倒を見ているお子さんもテスト前まで学校指定の問題集すらやっていません。

また、中高一貫校では、定期テストの点数はもちろん、普段の授業の姿勢、学校でやったプリントや小テスト、ノートや学校指定の問題集などの提出物も内部進学の評価の対象とされます。

そのため、テストの点数さえよければそれでOKというわけにはいかないのが現状です。

まあ、どちらかというとテストの点数が悪くても提出物等で救われているお子さんのほうが多いかもしれませんが・・・(笑)。

しかし、学校のプリントや学校指定の問題集があるということは、「そこから出しますから、ちゃんと勉強しておいてくださいね!」と学校がわざわざ出すところを教えてくれているわけです。

なので、まずはそうした学校でやったプリントや小テスト、ノートや学校指定の問題集などの提出物をしっかりとやることが定期テスト対策としては有効です。

順番としては以下の順でやりましょう。

1 学校の課題を提出する。
2 プリント、小テスト、学校指定の問題集を覚える。
3 覚えたかどうかを自分で確認する。

ここまでで平均点以上(60点~70点目安)はとれます。

その上で、余裕がある場合には、「4 学校の教科書対応の問題集(教科書ワークなど)」をやれば、80点以上はとれるでしょう。

※教科書ワークは学校の教科書に対応したものをやりましょう。

中高一貫校 定期テスト対策と勉強法 地理

テスト対策としては、地理についても歴史と同じく、学校の小テスト、プリント、課題からやることが最優先であることは同じです。

しかし、地理の場合には、出てきた地名など(山脈とか川とかも含む)を地図帳で確認するという作業がさらに必要になります。正直面倒くさいので、1人ではなかなかできないです。

家庭教師や塾の先生に一緒にやってもらうか、寝る直前に「地図帳タイム」のようなものを作って地図帳を開かせる習慣づけをするとよいでしょう。

あとは歴史と一緒で、以下の順で1~4をしっかりと繰り返しやりましょう。

1 学校の課題を提出する。
2 プリント、小テスト、学校指定の問題集を覚える。
3 地図帳を確認する。
4 覚えたかどうかを自分で確認する。
それに加えて、地理ではグラフの読み取り問題などが出ることもあるので、「5 学校の教科書対応の問題集(教科書ワークなど)を解く」ようにすると完璧です。

スポンサーリンク

※教科書ワークは学校の教科書に対応したものをやりましょう。

また、お子さんのタイプにもよりますが、私の経験上歴史より地理を苦手としているお子さんのほうが多いので、地理については歴史よりも注意してあげる必要があります。

歴史は漫画や大河ドラマなどで日常でも触れることが多くなじみやすい科目であるのに対し、地理は意識しないとあまりなじみがなく、頭に入りにくい上に用語や地名が多くて嫌になってしまうというのもあるかもしれません。

勉強しているけどあまり点数が伸びない場合には、中学地理が面白いほどわかる本を読むと断片的に覚えた知識がつながってくると思うので、読ませてみるとよいでしょう。

中高一貫校 定期テスト対策と勉強法 公民

公民は大学受験でいうと現代社会、政治経済、倫理といった分野になります。
新課程では公共という科目になります。

テスト対策としては、公民についても歴史や地理と同じく、学校の小テスト、プリント、課題からやることが最優先であることは同じです。

公民は歴史や地理ほど覚えることは多くありませんが、ややわかりにくい科目なので、具体的なイメージをもって内容を理解しておく必要があります。

「改訂版 中学公民が面白いほどわかる本」を読んで、具体的なイメージをつかんでおきましょう。

公民については、歴史や地理のように教科書ワークをやるのはやや負担が大きいので、学校の小テスト、プリントをしっかりやっておけば十分です。

問題演習をやっておかないと不安ということであれば、「できた!中学社会 公民」をやっておくとよいでしょう。

このシリーズは冊数が多いのが難点ですが、公民は1冊でうまく整理されており、問題演習もできるのでおすすめです。

なお、学校によっては、中学で学習する公民と高校生の範囲である公共をまとめてやるところも今後は増えてくる可能性があります。

公共になると公民より範囲が広いので、「高校の公共が1冊でしっかりわかる本」で、知識を押さえておくとよいでしょう。

まとめ

中高一貫校の社会のテスト対策ということで、歴史、地理、公民と科目別に対策を記載しました。

現実的には、社会については、テスト前にあわてて対策するという場合がほとんどだと思います。
テスト前に学校の出すプリント、小テスト、課題をしっかりやれば平均点以上はとれます。

なので、学校が出したプリントなどをその都度ファイリングしておいて、テスト前に探さなくてもよい状態にしておくことが重要です。

なお、他の科目については、以下も参考にしてみてください。

中高一貫校 中学生 成績アップの勉強法

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました