中高一貫校 中学生 定期テスト対策と勉強法 英語

中高一貫校の中学生のための定期テスト(中間期末テスト)対策と勉強法の英語ということで、今回は中高一貫校の中学生を対象に英語の定期テスト対策の勉強法や問題集を紹介します。中高一貫校の場合、生徒さんのレベルが高いことが多いので、他の科目と同様、まずは平均点以上をとるのが1つの目標になります。

英語については、学校にもよりますが、ほとんどの学校の場合、教科書に沿って学習が進められ、教科書に出てくる文法、長文、リスニング、単語がメインで出題されます。ただし、教科書の内容にとどまらず、応用力を試すために初見の問題も出題されます。

そのため、英語の対策としては、学校で学習したことについてまず確実に点数を取り、その上で初見の問題についても対応する力を身につけることが重要になります。

そこで、今回は、私が実際に指導して、38点⇒70点(1学期末⇒2学期中間)になり、その後のテスト(2学期末以降)でも60点を下回らなくなったお子さん

の例を紹介しながら、具体的に文法、長文、リスニング、単語に分けて定期テスト対策と勉強法を紹介します。

なお、中高一貫校の中にはプログレス21という教科書を使っている学校が複数あります。

プログレス21については、勉強方法はそれほど変わらないものの教科書対応問題集がないので、別途対策が必要になります。

英語 プログレス21 勉強法

スポンサーリンク

中高一貫校 中学生 定期テスト対策と勉強法 英語

英語 定期テスト対策と勉強法 文法

賛否両論ありますが、日本の英語教育ではまだまだ文法がメインです。

最近は4技能を身につけるカリキュラムを取り入れている学校がほとんどですが、授業でスピーチなどをさせることはあっても、定期テストは採点のしやすさや努力の成果が数値化しやすい文法中心で出題されます。

そのため、定番ではありますが、教科書対応問題集をまずしっかりとやっておくことが重要になります。

中高一貫校では、学校指定の教科書対応問題集が定期テスト後の提出課題として指定されている場合がほとんどです。

できれば学校指定の教科書対応問題集については、お子さんが(書き込んで)解く前にコピーをとるかもう1冊ヤフオクなどで購入していただいて、自宅学習用の問題集を別途用意することが望ましいです。1冊の問題集を1回やっただけでは知識が定着しているかどうかをテスト前に確認できないからです。

塾などの指導でノートにやる習慣がついているのであれば、ノートにやるのもよいでしょう。

ある程度英語が得意なお子さんであれば、「教科書ワーク」「中間期末の攻略本」などの市販の教科書対応問題集をやるのもよいかと思いますが、購入する際は必ずお子さんの使っている教科書に対応した問題集にしてください。

問題集の使い方としては、

テスト範囲の問題をできるようになるまで繰り返す

ことにつきます。

テスト対策としては

スポンサーリンク
1 学校指定の教科書対応問題集を授業の予習・復習段階で解く
2 テスト2週間前に別の教科書対応問題集を解く
3 テスト1週間前にできなかった問題をもう一度解く
が理想(理想コース)ではありますが、現実としては
1 学校指定の教科書対応問題集をテスト2週間前から解く
2 テスト1週間前にできなかった問題をもう一度解く
というのでいっぱいいっぱい(現実コース)でしょう。
理想コースが自分でできるお子さんは家庭教師はいらないですし(笑)、実際に私の持っている生徒さんももれなく現実コースです。
ただ、現実コースさえ何とか頑張ってこなしてくれれば、平均点よりちょっと上(60点~70点)くらいはいきます。
ちなみに、中高一貫校のレベルでは「学校指定の問題集をテスト1週間前に何とか全問解いて課題の提出日までに提出」というように公立中学でいうところの内申点3の生徒がよくやる勉強のやり方だとほぼ赤点コースなので、注意が必要です。
お子さんが計画的に勉強できない(上記の現実コースのことができない)のであれば、家庭教師をつけるか個別指導塾(できれば担当の先生が固定のところ)に行かせたほうが良いと思います。

英語 定期テスト対策と勉強法 長文(読解)

長文については、定期テストであれば教科書でやる長文が出題されることがほとんどなので、文法と一緒に教科書対応問題集をやればなんとかなります。

ただ、さきほども述べたように中高一貫校では、応用力を試すために初見の問題(長文)が出題されることが多いので、初見の問題対策をやっておきたいというのであれば、「とってもすっきり英語長文」をやっておくとよいでしょう。

とはいえ、中高一貫校の場合、学習のスピードも早く=テスト範囲も広い&試験科目も多いので、まずは教科書対応問題集をしっかりやることを優先してください。

英語 定期テスト対策と勉強法 リスニング 単語

リスニングは教科書の音読をしっかりやっておくことが重要です。
そのうえで、余裕があれば、教科書対応問題集に載っているリスニング問題(テスト範囲のもの)をやれば定期テスト対策としては十分です。
単語についても教科書対応問題集に単語チェックがあるので、その単語をしっかりと覚えれば大丈夫です。
覚え方としては漢字と同じで短時間に何度も繰り返すことが重要なので
1 10個~15個覚える
2 実際に覚えたかどうかテストしてみる
3 間違えたものをもう一度覚える
4 実際に覚えているかテストしてみる
を1セットとして、5分~10分程度でやってみて、8割程度覚えていたら先に進む
というやり方で進めば結構覚えていると思います。
私の教えている生徒さんも全然自分で単語を覚える時間をとらない(宿題で単語の暗記を出してもやらない 笑)ので、私が家庭教師に行った日に上記のやり方で家庭教師の指導時間内に単語を覚えさせるようにしています。その甲斐あって、定期テストでは単語で結構点数をかせいでいます。
塾とかだと、「覚えるのは自宅で(宿題)!理解を要するものは塾で!」という方針のところがほとんどですが、自宅で覚えられないお子さんもいるので、覚えるのが苦手というか自分でできないお子さんであれば、ご両親がテストしてあげるか、塾の担当の講師に「多少進まなくてもよいので、テスト範囲の単語については塾の時間内に覚えさせてテストをしてできているかどうかを確認してください」という要望を出したほうがよいかもしれません。
英語の単語は意外と得点源なので、点数が伸びないという場合にはまずは単語で点数をかせぐところから対策すると点数が伸びてきて自信もつくのでぜひ試してみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする