英語 プログレス21 勉強法

中高一貫校の英語でよく使われているテキストがプログレス21です。中高一貫校の中でも、幼稚園から大学まである学校がこのプログレス21を使っていることが多い印象です。

このプログレス21は英語を英語のままで理解する(日本語をなるべく介さない)ことをコンセプトとしています。そのため、やや内容がわかりにくく、教科書ガイドもないため、帰国子女や小学校から英会話教室に通っているお子さんは別として、学校の授業だけでは、なかなかテストで点数をとりにくいお子さんが多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、プログレス21を使っている学校の定期テスト対策を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プログレス勉強法 定期テスト対策1
~単語や熟語の意味と英文での使われ方を押さえる

英語を英語で理解することをコンセプトとしているといっても、テストの時には、普通に勉強した生徒が点数をとれる問題を作らないと全員が赤点ということになり、学校から講師としての質を逆に問われてしまいます。そのため、テスト問題を作成する講師は必ずしっかりと勉強した人であれば確実に得点できるサービス問題をテストでは出題します。それが、単語や熟語です。

なので、まずはプログレス21のテキストの各ページの下にある単語について巻末を参考にしながら意味をしっかりと理解し覚えさせるようにするとよいでしょう。辞書を引かなくても巻末に単語が掲載されているのがプログレス21のいいところです。

また、巻末で意味を確認したら、その単語が文の中でどのように使われているのか(名詞なら単数なのか複数なのか、動詞なら原形なのか過去形なのかなど)を意識して英文にマーカーをひかせるとよいでしょう。

単語や熟語問題がテストで出た場合、しっかりと覚えている人は1分もかからずに確実に得点できるのに対し、あいまいに覚えている人は「あれ~、こんな感じだったと思うけどこれであってるかな?」などと考えてしまい、かなりの時間もロスしてしまうので、他の問題をやる時間がなくなってしまいます。

単語、熟語など覚えておけばできるものはしっかりとテスト前に覚えて、書けるレベルにまでさせておくことが重要です。なかなか1人ではできないので、お父さんやお母さんがみてあげるか家庭教師などがいるのであれば、小テストなどをしてもらって単語をしっかりと覚えているか確認をしてもらうようにしてください。

プログレス勉強法 定期テスト対策2
~市販の英文法の参考書を並行して学習させる

プログレス21の場合、文法事項の解説は一応ありますが、体系的に整理された形で登場しないため、その都度その単元で出てきたものだけを理解して覚えて対処してしまうお子さんがよくいらっしゃいます。しかし、文法などは関連しているものは一緒に勉強したほうが効率が良く、理解も深まります

そこで、辞書代わりに市販の英文法の参考書が手元にあると安心です。中学生だと少し難しいかもしれませんが、高校3年生まで使えるので総合英語Evergreenが手元にあるとよくわからないところのイメージをつかむのに便利だと思います。

スポンサーリンク

プログレスで登場した文法事項について、その都度総合英語Evergreenで該当箇所を確認するくせをつけておくとよいでしょう。

プログレス勉強法 定期テスト対策3
ワークをやってテキストの該当箇所に戻る

プログレスにはワークがついています。テスト問題を作成する先生はこのワークを参考にテスト問題を作ることが多いので、ワークもしっかりとやらせておくことが重要です。可能であれば問題を解いて解答を確認するだけでなく、解答にある英文を読んで問題文を確認することもさせておくとよいでしょう。

問題⇒解答はできても解答⇒問題という形で出題されるとわからなくなってしまうお子さんは少なくないので、どちらでもできるように訓練しておく必要があります。これも重要性はわかっていてもなかなか1人で訓練はできないので、ワークの解答と問題文を参考に予想問題のようなものを作ってやらせるとよいでしょう。

中学生の場合、SELF-STUDYという演習教材もあるので、普段はそちらで学習し、テスト前にワークで知識を確認という形で勉強できれば万全です。

まとめ

ニューホライズンなどの普通の教科書だと教科書ガイドがあるので、それを参考にすればよいのですが、プログレス21には教科書ガイドのようなものが基本ないので、あたりまえのことをあたりまえにやるしかありません。

ただ、学校のテストということでいえば、先生もあまりひどい点を取る生徒がたくさんいては困るので、単語や熟語、基本的な文法の問題を一定数出さざるを得ないというのが現状でしょう。

単語、熟語、基本的な言い回しとプログレス21での使われ方をしっかり覚えておくとそこで時間と点数が稼げますので、応用問題が出た場合でも時間をかけて対処することができます。

また、応用問題はみんなできないので、問題文の条件(英作文なら50単語以上で書けとか)を形式的に満たしていれば、多少の点数はもらえます。あとは、普段の学習で授業の内容をしっかりと押さえておくことやわからない問題だからといってあきらめず、問題文にヒントがないかを探すように心がけることも大切です。

プログレス21対策をしてくれる中高一貫校の専用の塾もあるようですが、まずは英語の総合力を上げて、プログレス21にある単語、熟語、基本的文法事項などの暗記すれば点数が取れるところをしっかりやることが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする