私立大入試や共通テストで80点以上とるための世界史勉強法

大学入試

私立大入試や共通テストをはじめとする世界史の勉強法については、いろいろな方法が紹介されています。

一例をあげると「一問一答式ではなく、文章の形で頭に入れよう」「教科書の注を隅から隅まで読みこもう」とかいう話を聞いたことがあるかもしれません。

ただ、よくよく聞いてみると、そういう話は浪人生などある程度世界史を勉強した方に向けられていることが多く、これから勉強を始める方がうのみにすると世界史の勉強自体が嫌いになってしまいます。

そこで、今回は世界史をこれから勉強する方、学校の授業で先生が何を言っているかわからない方などを対象に私立大入試や共通テストで80点以上とるための世界史勉強法を紹介します。

スポンサーリンク

基礎固めのための範囲指定型世界史問題集

まずは賛否両論ありますが、一問一答です。

私は一問一答肯定派ですが、〇×式の一問一答式をを解くのではなく、空欄補充式の問題集を読むことをすすめています。

ちなみに、生徒には「斎藤の世界史B一問一答」を解かずに読むことをすすめています。

こちらの世界史一問一答は、空欄補充型の一問一答問題集になります。

空欄を意識しながら、問題文を読み込むことで、登場人物や事件など最低限必要な世界史の用語をマスターするのにうってつけです。

アプリもあるので、いきなりアプリをやって間違えて、一問一答問題集を読むと結構世界史の用語が頭に入ります。

一問一答問題集をひととおり読んだ方は、共通テストやセンター試験の問題が範囲ごとに出題されている「大学入学共通テストベストセレクション」を並行してやりながら、理解を深めていきましょう。

理想論ではありますが、学校の授業の復習としてその日に学校でやったところについて、一問一答問題集と共通テストベストセレクションをやっておくと定期テスト対策にもなり効率が良いです。

理解を深めるための世界史の参考書・資料集

世界史の参考書はどれも受験に使いにくいというかこれだけで大丈夫というものがなかなかなくて結構いろいろ探しました。

というのも、いわゆる評判の受験参考書は個々の記述はまあまあ読みやすいものが多かったものの、地名がポイントの箇所に地図があまり載ってなかったり、地図がややラフだったり、流れやなぜそうなのかの記述がよくわからなかったり、冊数が多かったため、生徒にもすすめにくかったのです。

最終的にはやや文字の大きさが小さいものの「ストーリーでわかる世界史B」が、受験対策として非常によくまとまっていたので、参考書としてはこちらをおすすめします。

スポンサーリンク

 

この本は私が書いた先ほどの不満な点を克服しているので、当然以下の点がよいところになります。

・なぜの記述が図とともに書いてある
・地名のみでなく、略地図も載っている
あとは、同時代の横の勢力をイメージするために「最新世界史図説タペストリー」が手元にあると模試の復習の際などに安心です。

私立大対策及び共通テスト世界史問題集

私立大対策としては「世界史基礎問題精講」をやっておくとよいでしょう。また、世界史の共通テスト対策はいわゆる赤本を使うのが無難です。

 

なお、共通テストはセンター試験より現場思考型の要素が強いので、現場思考型の問題に対処するためにただよびなどを見ておくのもよいかと思います。

ただよび共通テスト対策 世界史

まとめ

今回紹介した問題集や参考書は、私が実際に世界史のテキストなどを買って、実際に使ってみて、受験生目線で読んでみて、いまいちわからないものは売ってまた別の参考書を購入するといったことを繰り返した結果、最後に残ったものになります。

なので、教科書や定番といわれている参考書などを読んだが、よくわからなかったという方は、試してみてはいかがでしょうか。

勉強方法としては、以下のように進めるとよいでしょう。

一問一答問題集等で用語を押さえる。
ストーリーでわかる世界史Bで流れをつかむ。
私立大対策問題集や共通テスト過去問で解き方をつかむ。
世界史においては、やはり勉強期間が長いほうが有利なので、大学受験で世界史をとると決めた方は早めに受験を意識した勉強を始めるようにしてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました