中高一貫校高校生が日本史の定期テストで80点をとる勉強法

高校生 成績アップ

中高一貫校の高校の日本史の定期テストは、学校にもよりますが、共通テストや私立大入試、国公立大入試にも対応できるようにやや難しめの問題が出題されることが多いです。

また、大学入試のない大学付属校でも、一般受験で入学した方と入学後に大きく差がつくのはよくないという配慮があるのか、問題自体は大学受験を前提とした問題が出されることが多いです。

そこで、今回は中高一貫校高校生が日本史の定期テストで80点以上をとる勉強法を紹介します。

中高一貫校の高校では、日本史は高校2年生でやることが多いので、定期テストで80点以上取れるようにしっかりと勉強しておくと受験生になってから、気持ち的にかなり楽になります。

日本史はやることが多くて大変かもしれませんが、早め早めの対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

日本史基礎固め

まずは日本史の知識の基礎を固めましょう。

学校の授業をしっかりと聞いて、その日のうちに当日学習したことを用語集や一問一答問題集で復習してください。

一問一答問題集は東進ブックスをやると必要かつ十分です。

実際に問題を解く時間はなかなかないので、一問一答問題集は問題を解くのではなく、空欄を意識しながら、問題文を読み込むことで、登場人物や事件など最低限必要な日本史の用語をマスターするために使いましょう。

 

 

学校の授業の復習の際に、日本史一問一答を読む⇒教科書を読む⇒気になった用語を用語集で確認するという順で学習すると結構頭に入ります。

部活などで忙しく、日本史一問一答問題集まで手が回らない方は、レベル別問題集日本史1・2の解説を教科書代わりに読んでおくとよいです。問題は無理に解かなくてよいです。

 

日本史定期テスト対策

定期テスト対策としては、学校の定期テスト対策プリントなどがあればそれを覚えましょう。

また、レベル別問題集日本史2で、用語の出題のされ方を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

解説はすでに1回は読んでいると思いますので、問題を読んで自分なりに考えてから解説を読みましょう。

また、日本史の定期テストでは、資料問題が出題されることが多いかと思います。

資料についても学校のプリントや資料集などで見ておくよう指示があると思いますので、該当のところを確認しておいてください。

史料・図版の読解問題100でどのような史料のどのようなところが聞かれて、問題を解く際には、どこに着目すればよいかをテスト前に見ておくとよいです。

読む時間がないかもしれませんが、わからないところを調べるときのために、資料集などが手元にあると安心です。

実際にテスト直前はそれほど多くのことはできません。

最後は何度も繰り返して覚えるしかありませんが、丸暗記だとけっこうきついので、時間のある時に日本史の流れをつかんでおくと知識が頭に入りやすくなります。

わかりにくい時代については、なぜと流れがわかる本で、日本史のイメージをつかむようにしましょう。

他の科目については、以下も参考にしてみてください。

中高一貫校高校生が高2までに英検2級に合格する勉強法

中高一貫校高校生が世界史の定期テストで80点をとる勉強法

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました