中高一貫校中学3年生の定期テスト対策と勉強法(数学ⅠA)

中学生 成績アップ

ほとんどの中高一貫校では、中学3年生になると中学校で学習する範囲は終了し、高校の範囲(数学ⅠA)に入ります。

そこで、今回は中高一貫校中学3年生の定期テスト対策と勉強法ということで、数学ⅠAでやっておくとよい問題集や参考書、勉強法を紹介します。

中学3年生になったが、まだ高校の範囲(数学ⅠA)に入っていないという方は、下記の記事も参考にしてみてください。

中高一貫校中学1・2年生の定期テスト対策と勉強法(数学)

スポンサーリンク

定期テスト前に最優先でやるべきこととは

中高一貫校では、定期テスト前に試験対策プリントを配ってくれるところが多いです。そのような試験対策プリントは、これまでの授業の復習や学校の教科書、問題集の必須問題が掲載されています。

まずは、この試験対策プリントについて、しっかり解くようにしましょう。

できなかった問題は、できればその日のうちに(答えを覚えていてもよいので)もう一度解いて、自力でできるようにしておくことが大切です。

できた問題は、2回目もできることがほとんどなので、試験前日に解き方を再度確認する程度でよいでしょう。

また、学校の提出課題(教科書、問題集)が出ている場合には、そちらをしっかりやれば、最低限の点数はとれます。

提出課題は出さないと平常点がかなり下がります。テスト勉強にもなるので、しっかりと出すようにしましょう。

 中高一貫校中学3年生おすすめ問題集

試験前は学校のプリントや課題でいっぱいいっぱいかと思います。

なので、問題集や参考書は解き方がわからないときのための辞書代わりに使うようにしましょう。

ただ、中高一貫校の数学のテストは、普段から毎日勉強していることを前提に作られます。

予習はいらないと思いますが、数学はテスト前以外でも毎日復習するのが理想です。毎日は無理でも週末にはその週に学習したことを復習しておくようにしましょう。

学校の宿題や復習をやる際には、あわせてチャート式の例題をみておくと理解が深まります。

勉強の仕方としては、例題を見て解き方を頭に入れてから、直後に自力で例題を解くというやりかたがおすすめです。

また、冒頭に記載したように中高一貫校では定期テスト前にたいていテスト対策プリントというまとめプリントが配られることが多く、これさえやっておけば定期テストはなんとかなります。

しかし、テスト対策プリントは量が非常に多く、解説が簡潔すぎてよくわからないということがよくあります。

全くわからない問題については例題で同じような問題を探して解き方を調べて考えることもテスト対策としては有効です。

チャート式は白⇒黄色⇒青⇒赤の順で難しくなっていきますが、学校の指定教材となっている場合は別として、今回は黄色チャートをおすすめします。

なぜなら、中高一貫校を含めて定期テスト(入試も)では、基本的な問題をしっかり得点できれば一定の点数以上とれるようになっており、黄色チャートの例題レベルをしっかり解けるようにしておくことが重要だからです。

黄色チャートには、学校のテスト対策プリントで掲載される問題とほぼ同様のレベルの問題が多く掲載されており、辞書代わりに使う際にも似たような例題を黄色チャートだと見つけやすいです。

また、チャート式には現在新課程版と旧課程版がありますが、中高一貫校中学3年生である皆さんは新課程版を購入するようにしましょう。

スポンサーリンク

新課程版は、例題について動画もついていること、関数や図形などはサポートコンテンツなども充実していてビジュアル的に理解できるようになっているのでおすすめです。

・チャートは黄色の例題をしっかり解けるようにする。
・解説を先に見て解き方をまねてみる。
・最終的には例題を自力で解けるようにすることが大切。
辞書代わりに使ってもよい。
・サポートコンテンツが充実している新課程版がおすすめ。

中高一貫校中学3年生おすすめ参考書

中学1,2年生の時に数学をあまり勉強してこなかった方でも、心機一転中学3年生になって、黄色チャートを使って数学ⅠAの勉強をはじめからしっかりやれば、特に問題はありません。

ただ、学校によっては授業の進度が早かったり、中学生で学習済みのところについてはほとんど説明せず先に進んでしまうこともあるかもしれません。

黄色チャートで似たような問題を探すにも数学自体が嫌いになっており、どこに似たような問題があるのかがわからないということもあるかもしれません。

そのような方は、やさしい高校数学、やさしい中学数学を読むとよいでしょう。

 

この本は2人の生徒が先生に質問する形の対話形式で書かれています。

また片方の生徒が問題を解く過程でよくやりがちなお約束(笑)の間違いをしてくれるので、復習や解き方を確認する際には非常に良い本です。

問題を解かなくても内容が何となく頭に入ってくるので、数学に苦手意識のある方は、単なる読み物として問題を解かずに読むとよいでしょう。

なお、中学3年生になったが、まだ数学ⅠAの範囲に学校が入っておらず、テスト前に中学生の範囲を復習したいという方は、下記の記事も参考にしてみてください。

中高一貫校中学1・2年生の定期テスト対策と勉強法(数学)

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました