中高一貫校中学3年生の定期テスト対策と勉強法(数学ⅠA)

ほとんどの中高一貫校では、中学3年生になると中学校で学習する範囲は終了し、高校の範囲(数学ⅠA)に入ります。

そこで、今回は中高一貫校中学3年生の定期テスト対策と勉強法ということで、数学ⅠAでやっておくとよい問題集や参考書、勉強法を紹介します。

中学3年生になったが、まだ高校の範囲(数学ⅠA)に入っていないという方は、下記の記事も参考にしてみてください。

中高一貫校中学1・2年生の定期テスト対策と勉強法(数学)

スポンサーリンク

定期テスト前に最優先でやるべきこととは

中高一貫校では、定期テスト前に試験対策プリントを配ってくれるところが多いです。

そのような試験対策プリントは、これまでの授業の復習や学校の教科書、問題集の必須問題が掲載されています。

まずは、この試験対策プリントについて、しっかり解くようにしましょう。

できなかった問題は、できればその日のうちに(答えを覚えていてもよいので)もう一度解いて、自力でできるようにしておくことが大切です。

できた問題は、2回目もできることがほとんどなので、試験前日に解き方を再度確認する程度でよいでしょう。

また、学校の提出課題(教科書、問題集)が出ている場合には、そちらをしっかりやれば、最低限の点数はとれます。

提出課題は出さないと平常点がかなり下がります。

テスト勉強にもなるので、しっかりと出すようにしましょう。

 中高一貫校中学3年生おすすめ問題集・参考書

試験前は学校のプリントや課題でいっぱいいっぱいかと思います。

なので、問題集や参考書は解き方がわからないときのための辞書代わりに使うようにしましょう。

参考書としては、やさしい高校数学(数学ⅠA)、やさしい中学数学が手元にあると安心です。

 

この本は2人の生徒が先生に質問する形の対話形式で書かれています。

また片方の生徒が問題を解く過程でよくやりがちなお約束(笑)の間違いをしてくれるので、復習や解き方を確認する際には非常に良い本です。

スポンサーリンク

加えて、学校の宿題や復習をやる際には、あわせてチャート式の例題をみながら問題を解くと理解が深まります。

チャート式は白⇒黄色⇒青⇒赤の順で難しくなっていきますが、学校の指定教材となっている場合は別として、黄色チャートで十分試験には対応できます。

チャート式は現在新課程版と旧課程版がありますが、中高一貫校中学3年生である皆さんは新課程版を購入するようにしましょう。

新課程版は、例題について動画もついていること、関数や図形などはサポートコンテンツなども充実していてビジュアル的に理解できるようになっているのでおすすめです。

勉強の仕方としては、例題を見て解き方を頭に入れてから、直後に自力で例題を解くというやりかたがおすすめです。

黄色チャートには、学校のテスト対策プリントで掲載される問題とほぼ同様のレベルの問題が多く掲載されており、辞書代わりに使う際にも似たような例題を黄色チャートだと見つけやすいです。

 

・チャートは黄色の例題をしっかり解けるようにする。
・解説を先に見て解き方をまねてみる。
・最終的には例題を自力で解けるようにすることが大切。
辞書代わりに使ってもよい。
・サポートコンテンツが充実している新課程版がおすすめ。

まとめ

中高一貫校では、数学はかなりのハイペースで授業が進むことが多いので、できれば毎日その日の復習をすることが大切です。最低でも週1日はその週の復習日を設けて、その週に学習したことをもう一度やる習慣を身につけましょう。

学校を休んだりしてわからない分野は、やさしい高校数学(数学ⅠA)、やさしい中学数学を読むか、黄色チャートの動画を見るなどして、テスト期間に入る前に一度はやっておくようにしてください。塾や家庭教師でフォローしてもらうのも1つの手です。

最近はオンラインでも数学に強い塾などもありますので、うまく活用しましょう。

「数強塾」オンライン数学克服塾〈プロ講師〉

 

・テスト対策プリントは最優先でやる。
・やさしい高校数学等を読む
・黄色チャートの例題について動画を見る
・必要に応じて塾や家庭教師を活用する

他の科目については、以下も参考にしてみてください。

中高一貫校中学生のための定期テスト対策と勉強法~中学理科

中高一貫校中学生のための定期テスト対策と勉強法~中学英語

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました